本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > ソフトウェア資産管理  > ソフトウェア購入について

ソフトウェア購入について

ソフトウェアを購入することは、「使用する権利(ライセンス)」を買うということです。ソフトウェアは著作物として著作権法上の保護を受けており、使用者は使用許諾契約に従って利用しなければなりません。

ここでは、本学でよく利用されているメーカーのソフトウェア購入についてご案内します。

【学内】と記載しているページを学外から開く場合、認証入力画面が表示されます。
メール(dpc.agu.ac.jp)のID・パスワード、WebCampusのログインID・パスワードまたはソフトウェア管理室発行の閲覧用ユーザーID・パスワードを入力してください。


ソフトウェアライセンス取得届について

ソフトウェアを購入した場合、必ず「ソフトウェアライセンス取得届」を伝票等に添付し提出してください。また新規に端末を購入した場合も、OS およびプレインストールソフトウェアについて届け出が必要です。

「ソフトウェアライセンス取得届」には、下記の添付をお願いします。
  ● ライセンス証明の写し
  ● 納品書のコピー*1
    *1 端末の購入時には必ず添付いただいていますが、ソフトウェア購入時にも添付していただけると購入部課所への確認を減らすことができますので、ご協力ください。

ライセンス証明について

取得届ダウンロード、ライセンス証明の例 は こちら 【学内】 (パソコンサイトのみ)

愛知学院ソフトウェア管理規定について

ライセンス部材について

ソフトウェア取得時に付属していたライセンス部材(使用許諾契約書・ライセンス契約書・ライセンス証書・ライセンスキー・外箱・メディア等)は、使用権が不要になるまで必ず各部課所で保管してください。

使用許諾条件として、すべてのライセンス部材がそろっていることが条件とされるものがありますので、注意が必要です。

※アドビシステムズが販売している「学生・教職員個人版(Adobe Student and Teacher Edition)」ソフトウェアは、個人使用のための製品ですので学校予算での購入および学校資産の端末にインストールすることはできません。「教育機関向け」、または通常のパッケージ版をご購入ください。


※ジャストシステムが販売している「アカデミック版」ソフトウェアは、個人使用のための製品ですので学校予算で購入することはできません。法人向け製品J-License、または通常のパッケージ版をご購入ください。


その他の製品についても、それぞれの製品ごとに使用許諾条件が定められています。購入前に必ず使用許諾内容の確認をおこなってください。

教育機関に在学中の学生および教職員を対象に、安価で提供されるソフトウェア(アカデミックパック・アカデミック版等)についても同様です。


Copyright © 2015 Aichi Gakuin All Rights Reserved.